古代雑記

NO IMAGE ・古代雑記の案内と表

歴史は現代史

 牛刀をもって鶏を割く。 『論語』にも載る古人の言葉です。 思うに、古代を語るに牛刀はいりません。以下の記事は、週刊爺チャンネルC"C"+と銘打って誰も見ていないようなホームページを運営していた時に、古代雑記(「記紀」の素顔・安万呂の設計図...
・安万呂の道標

§43.輪廻の交差点、法隆寺。

 人は過去を直接見ることはできません。それが現実というものです。前章では、過去を横から眺めましたが、これが出来るのは宇宙広しといえど、アカンベーをして人を煙に巻いて死んで行った物理学界の徐福アインシュタインだけであります。  思うに、人は過...
NO IMAGE ・古代雑記の案内と表

古代雑記 小序1

 古代雑記、これは嘗てのこのブログのタイトルでした。このタイトルは立岡章平遺稿集の表題から借りたものです。立岡章平氏についてはこの遺稿集の他は知りませんが、古代史と文学論を手掛ける評論家と見えます。  思うに、歴史もまた広い意味での文学です...